商品の企画、製造、アフターフォローまでを行う健康食品OEM

健康食品や化粧品の新商品の開発は非常に高い技術が必要になります。
開発には、商品企画から始まり、処方、原料の調達、品質管理まで行わなければなりません。
健康食品や化粧品の場合OEMで製造されるケースが多く、特に健康食品OEMをサポートする会社は増えています。
まずはマーケティングを調べることで、受託する会社に最適な企画を提案していきます。
次に製品の形状や処方などを企画し、試作品を何度も作って評価していきます。
次に安全性を確認して、生産を行って、品質チェックをすれば完成です。
健康食品の場合、安全性がなければなりません。
健康食品OEMの場合、製品に使用している原料は全て安全かどうかをきちんと調査します。
また生産体制においても、形状や処方などを見て、最適な工場を選定していきますので、効率よく生産することができるでしょう。
品質管理に関しても、きちんと行われるので問題はありません。
生産が完了したあとも、健康食品OEMではアフターフォローも行っています。
シェアを獲得できるような強い商品にしてくれるのです。
健康食品OEMとしては、大学と共同研究しているセレスト・ムライなどが注目です。

水耕栽培でスイカは難しい!

水耕栽培では、大きく作物を実らせるのが非常に難しいと言われています。
その代表的な例がトマトです。
ミニトマトだと、初心者でも高確率で収穫できますが、スーパーで売られているサイズのトマトとなると、これが難しい!
一つの実を大きく育てるのには、間引きが必要になります。
しかし、間引きをしたとしても、水耕栽培の場合、土で栽培した場合よりも養分が少ないため、大きく実らせるのが非常に難しいと言われています。
これはスイカを育てた場合も同じだと言われています。
水耕倍で上級ともなってくると、すいかも育てている人がいるようですが、上級者であっても、実をつけるところまではいけても、小ぶりになってしまうケースがほとんどのようです。
初心者の場合は、実をつけることすら、難しい状況。
夏にむけて、自家栽培のスイカなんて良いですよね。
しかし、自家栽培のスイカを水で育てるのは、やはり難易度が相当高いと思います。
実のなる植物はやっぱり難しいですね。
とはいっても、ミニトマトなどが育てられればこれはうれしいですね。
初めての方も、水耕栽培お試しあれ。→http://agrioshop.com/